幼稚園とは?

幼稚園とは?

幼稚園とは、小学校,中学校,高校,大学等と同じく、学校教育法に基づく学校で、文部科学省が所管しています。幼稚園では「幼児を保育し、適当な環境を与えて、その心身の発達を助長する事」を目的としています。

私立幼稚園の特色ある教育

文部科学省では幼児期にふさわしい発達を達成するために、「幼稚園教育要領」を定め、5つの領域を設定しています。心身の健康に関する領域「健康」、人とのかかわりに関する領域「人間関係」、身近な環境とのかかわりに関する領域「環境」、言葉の習得に関する領域「言葉」及び感性と表現に関する領域「表現」として示されています。
私立幼稚園では、これらのねらいを達成するために、各幼稚園が特色ある教育目標を定め、「園の行事」「保育の方法」などに工夫を凝らし、豊かな環境の中で、高い理念をもって、21世紀を担う子供達を大切に育てています。

私立幼稚園と公立幼稚園の比較

公私在園児比較

幼稚園には私立と公立があり、私立幼稚園には学校法人立、宗教法人立などがあります。私立幼稚園の設立は、高い教育理念を有する設立者が、土地・園舎等個人の財産を寄付するところからスタートします。この寄付行為により公立園同様、極めて公共性の高い幼児教育機関として、その役割を担っています。

(平成12年5月1日現在)

幼稚園と保育園の違い

事項 幼稚園 保育園
根拠法令 学校教育法に基づく学校 児童福祉法に基づく児童福祉施設
所管 文部科学省 厚生労働省
目的 幼児を保育し、適当な環境を与えて、
その心身の発達を助長すること。
(学校教育法第77条)
日々保護者の委託を受けて、保育に
欠けるその乳児又は幼児を保育すること。
(児童福祉法第39条)
対象 満3歳から小学校就学の始期に
達するまでの幼児
保育に欠ける乳・幼児
(一般に0歳?5歳)
保育時間 原則として1日4時間を標準とする。
毎学年の教育週数は39週以上
原則として1日8時間
保育内容 幼稚園教育要領による(文部科学省告示) 保育所保育指針による(厚生労働省)
1教員(保母)
当たりの幼児数
現状は15人?30人
年少3歳児は10人?20人が実態
●乳児---3人 ●1歳?3歳未満児----6人
●3歳?4歳未満児----20人
●4歳以上児---30人
教員等の資格 幼稚園教諭免許状
●1種(大学卒) ●2種(短大卒)
保母資格証明書
(高校卒以上)
幼児の就園状況
ページTOP